NEWS

人と人との繋がりが価値になり、

より幸せで豊かになれるお金を創造していきます。

お金の定義が変わる時代において、共感通貨eumoは、使える場所や期限などを限定し、

個々が生み出した共感を可視化する事で、等価交換を超える非等価交換経済圏を創造します。

利用する人々の幸福度が向上し、蓄えるお金「円」から、人のために使うお金「eumo(縁)」 へ。

共感で繋がる通貨を使って、本当に大切なものを大切にできる社会を共に味わいましょう!

実証実験参加プレエントリー受付中!

プレエントリー受付期間:2019年6月25日〜2019年8月下旬(予定)

エントリー開始時期:2019年8月下旬(予定)

注:プレエントリーはエントリーのための仮登録であり、正式エントリー時に優先的にご登録いただけるようにするためのものです

(プレエントリーにて共感通貨eumoが手に入る、もしくは金銭的な授受が発生するものではありません。)

共感コミュニティ電子地域通貨eumo(ユーモ)の特徴

使うほどに幸せになる、手段としての通貨

貯められない

6ヶ月以内に失効

通貨には期限があるが、決済時の共感履歴は残る

利便性、経済合理性ではない価値を持っている

人、モノ、場との出会いを創出する

社会関係資本を可視化

現地に行かないと使えない

決済時にご縁がつながる

地域を豊かにするものにしか使えない

お金に色をつける

共感の循環

地域と人に寄り添うお金

eumo でしか購入できない特別な商品(モノコト)がある

ギフト出来る

感謝と共感の循環

行かなかった人の失効ポイントを回収し、行った人に再分配する

Experiment

実証実験

  • 通貨名称
    「全国共通新コミュニティ地域電子通貨 eumo(ユーモ)」
  • 発行者
    株式会社 eumo
  • 使用システム
    電子地域通貨プラットフォーム 「MONEY EASY」株式会社フィノバレー
  • 実施期間
    2019 年 9 月 15 日(日)から 2020 年 2 月 29 日(土)まで RAMICS2019 第 5 回貨幣革新・地域通貨国際会議飛騨高山大会にて本実験発表
  • 実験参加者
    2 千人を募集
  • 実験加盟店
    この社会実験に共感し、ユーザーが共感できる商品・サービスがある日本全国の意志ある加盟店 約 20 店(決定次第お知らせ)
  • 利用方法
    スマートフォンの専用アプリをダウンロードし、1eumo(ë)=1円でチャージした上で加盟店に設置してある eumo 専用商品 QR コードを読み取り、利用代金をキャッシュレスでアプリ内決済する
  • 発行通貨
    1円=1ë(eumo)
  • 通貨有効期限
    購入日から 3 ヶ月予定(実証実験後は 6 ヶ月を想定)
  • 通貨販売方法
    チャージ機、プリペイドカード、振込対応等
  • オフィシャルサイト
    https://currency.eumo.co.jp

MemberStore

加盟店情報

IKEUCHI ORGANIC (愛媛県今治市)

1953 年にタオルの街、愛媛県今治市に創業。最大限の安全と最小限の環境負荷でテキスタイルをつくるトータルオーガニックテキスタイルカンパニー。2073 年までに “赤ちゃんが食べられるタオルを創る” という安全性基準を企業の行動指針として設定し、本社工場は 2015 年に食品工場の安全基準 ISO-22000 を取得。現在は、食品の安全基準 HACCP( ハサップ ) に準じて製品を生産。
https://www.ikeuchi.org/storelist/factory/

商品:coming soon

ポケットマルシェ(5カ所予定)

全国の農家・漁師から旬の食べものが直接買えるマーケットプレイス、オンラインマルシェとしてスマホアプリ・WEB サービスを提供。
単に食材を売買する場所ではなく、生産者と消費者がつながりお互いを理解し合い、情報や感動を交換しあえるより楽しくより豊かな世の中を目指している。
https://poke-m.com/
ポケマル登録の農家・漁師数人が今回 eumo の取り組みに加盟店として参画

商品:coming soon

プレエントリー・お問い合わせはこちら