店舗詳細

marfee’s farm (マーフィーズファーム)

店舗紹介

少しいびつでも、大きくても小さくてもそれも野菜の個性。マーフィーズファームでは、自然の中、自由な環境で野菜を育てています。

マーフィーズファームがあるのは、茨城県西部の結城市です。

結城市は、関東平野のほぼ中央。遠く東には筑波山が望め、他は見渡す限り平野が広がります。気候も肌で四季を感じられる、比較的穏やかな地域です。この一帯は、日光連山・帝釈山地を水源とする鬼怒川の氾濫堆積物による土壌養分が豊富で肥沃な地です。また、山から遠く離れているために、イノシシや鹿などの害獣がいないことと、大消費地の東京にも近いため、野菜を育てるのにとても適したところです。この地域の特産の白菜は冬には日本全国へ出荷されています。

この農場を営んでいる篠塚政嗣さんは、IT企業勤めから転職して就農しました。祖父の家は代々農家を営んでいましたが農業の跡取りがなかったそうです。2013年にその祖父が体を壊して農業を続けられなくなった時に、周囲の反対を押しきって、農家を継ぐ事を決めました。今でも、親戚からは無謀なこと、儲からないことだからやめろと言われ続けているそうです。

 

 

 

 

マーフィーズファームでは、大切にしていることがあります。

野菜は食品であることから、商品である以前に、「命の礎」になるものという考えから、見た目の美しさや大きさよりも、安全で安心して食べられる美味しい野菜つくりを目指したいと考えています。

就農したころは、地方市場に野菜を出荷していたそうです。市場の出荷では、減農薬・有機栽培はほとんど評価されません。見た目の美しさ、大きさ、重さなどが重視されます。そのため、食の安全が注目されている今であっても、農家では大規模化による経済合理性を追求していきます。より形が良く、大きい野菜を効率的に作ることを重視していくことで、農機で大量に肥料を撒き、一斉に農薬を散布して市場で受け入れられやすい野菜作りを目指しています。

このような風潮に疑問を持って、現在では、市場におろすより、マーフィーズファームの野菜のファンに向けた野菜づくり、道の家などに置かせてもらうことで、一般消費者に直接野菜を手にとってもらうといった取り組みをしています。さらに、最近では、野菜ファンから頼まれて、日本では、まだほとんど栽培されていない外国の野菜の栽培にもチャレンジしています。

この農場では、畑で育つ野菜は、できるかぎり自らの力で育つ様に、最小限の有機肥料で育てています。畑には、作物を食い荒らす虫もいれば、それを捕食する生物もいるので、畑の生き物をすべて農薬で退治することはしません。特定の虫だけが大量に繁殖する場合にのみ、バランスの調整のために、その虫だけに効果があるものや、でんぷんや酢などからなる特定農薬を使うのだそうです。雑草も、様々な生物が生きられる様にある程度残す様にしているそうです。

自然環境に最大限配慮して、小振りでも、虫食いがあっても、安心して食べられる、植物自らの力で生育した本来の味をもった野菜を作っています。

季節ごとに、作付する作物を変え、春には、レタスやキャベツ、豆類、かぶ等、夏には、茄子やトマト、枝豆などの豆類、とうもろこし、ゴーヤ、かぼちゃ、じゃがいも等、秋には、かぶ、かぼちゃ、さつまいも等、冬には、大根、ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、キャベツ、白菜。どの季節に訪問しても何かの作物を育てています。

 

またマーフィーズファームでは、季節を感じ自然を体感できる農場で、体験型農泊を実施しています。四方を畑に囲まれた広々とした屋敷で、のんびり静かな時を過ごし、食事は、自ら収穫した野菜を料理の材料にします。長い夜は、会話をしたり、ゲームをしたり、満天の星空の下で湯につかる。自然を満喫できる経験ができます。

 

 

 

 

 

 

 

都心から車で1時間半、公共交通機関を利用して2時間半です。都心からも程近いながらも、豊かな自然と素材本来のままに生きる野菜達の居場所がここにはあります。

広大な自然の中で、自由に元気いっぱい育つ野菜と、穏やかな時間に触れにきませんか。

 

店舗情報

アクセス

  • 車利用

    国道4号バイパスを北に向かい、古河市の「上片田(西)」陸橋を下り、県道124号線を東に向かい、県道17号(結城野田線)を超えた先の一つ目の信号を北(左)に曲がる。200mほど先の丁字路を右に折れ、そのまま道沿いに北に向かい、350mほど行った先の道の左側の垣根を入る。

  • 公共交通機関利用

    JR古河駅から東口を降り、茨城急行バス(北茂呂行)に乗車し、「南茂呂」で下車、南へ10mほどの交差点を東に向かい、一つ目の信号(南側に江川南小学校という看板があります)を北に向かい、200mほど先の丁字路を右に折れ、そのまま道沿いに北に向かい、350mほど行った先の道の左側の垣根を入る。