店舗詳細

能作

店舗紹介

創業から100年以上続く、鋳物製作会社。これまで培ってきた伝統を時代に照らし合わせ、次代に受け継ぐべく、素材・技術研究や製品開発に取り組み、地域に、日本に、世界に誇れるものづくりを志向しつづけています

創業から100年以上続く、鋳物製作会社。

丁寧なモノづくりの中に、きらりと光るモダンなデザインたち。高岡にある本社工場は、美術館のような内装に思わずうっとりとさせられます。

そんな株式会社能作の本社工場のある富山県の北西部に位置する高岡市は、人口約17万を擁する県第2の都市。慶長14年(1609年)、加賀藩2代藩主・前田利長が高岡城を築き、その城下町として開いたのがはじまりです。開町から2年後の慶長16年(1611年)、利長は産業を振興させるべく、近郷から7人の鋳物師を招き、金屋町に鋳物工場を設けました。当初は、鍋・釜などの日用品や鋤・鍬などの農具をつくっていましたが、時代のニーズに合わせて多様な製品をつくるようになり、いつしか高岡は鋳物の町として知られるようになります。

 

能作が鋳物の製造をはじめたのは大正5年(1916年)。創業当時は主に仏具、茶道具、花器を製造していました。
転機が訪れたのは昭和40年(1965年)頃。豊かさを増す日本人の生活に着目し、モダンなデザインの花器を開発したところ、それがヒットし、業務は拡大の一途をたどります。しかし、ライフスタイルの変化、さらには、景気の低迷や生産拠点の海外移転増加による低価格化など、時代の波にはあらがえず伝統的な花器や茶道具・仏具の需要は徐々に減少。能作も苦境に立たされます。

 

昭和59年(1984年)、現・代表取締役社長である能作克治氏が入社。以来18年間、一職人として鋳造に明け暮れた克治社長は、やがてこの磨きあげた技術を活用して自社製品を開発したいと考えるようになります。

 

道が拓けたのは平成13年(2001年)の東京原宿で開催された展示会「鈴・林・燐」。素地の美しさを生かした真鍮製のベルが注目を集め、セレクトショップでの取り扱いがはじまりました。この形では売れなかったベルに当時の販売員のアドバイスから、短冊をつけて風鈴にしたとたん、毎月1,000個以上が売れる大ヒットに。以降、能作社長は、お客様の声にこたえる製品を開発することを決意します。現在、主力となっている錫100%の製品も、「食器をお求めの方がたくさんいらっしゃる」という販売員の話をきっかけに生まれました。

また、通常は硬度を持たせるために合金にして行う錫の加工。しかし、能作では「だれもしたことのないことをしたい」と錫100%の加工に挑戦します。その加工は難題でしたが、あるときひとつのアイディアが飛びだします。「曲がるのなら曲げて使える食器をつくろう」。この逆転の発想こそが、曲がる「KAGOシリーズ」をはじめ、能作を代表する数々の錫製品を生み出したのです。

職人から職人へと受け継がれてきた、技術と知識、伝統と精神。これらをよりどころに、能作では、照明機器、建築金物、医療機器など、分野を越えたものづくりに挑戦しています。

また、"もの"をつくるだけでなく、"こと"と"こころ"を伝えるために産業観光を推進。

平成29年(2017年)、その拠点となる新社屋が完成。工場見学や鋳物製作体験、地元食材を盛り込んだメニューを錫器で楽しめるカフェ、独自に編集した観光情報コーナーを備えています。

かつて、工場見学に参加した子どもたちが、いまや、能作のこれからを担う若手職人に。そして克治社長が入社した当時7名だった職人はいまや数十名となりました。これまで培ってきた伝統を時代に照らし合わせ、次代に受け継ぐべく、素材・技術研究や製品開発に取り組み、地域に、日本に、世界に誇れるものづくりを志向しつづけています。

 

その長年の伝統と技術、そして新しい時代への前向きな取り組みに触れに、高岡に訪れてみませんか?

 

店舗情報

アクセス

  • 車利用

    高岡砺波スマートICから5分、新高岡駅から15分
    (カーナビ利用の場合は名称、電話番号検索ではなく「住所検索」をお願いします。)

  • 公共交通機関利用

    新高岡駅より加越能バス(高岡法科大学線)で約25分、高岡オフィスパーク下車徒歩3分
    新高岡駅より世界遺産バスで13分、能作前下車すぐ
    新高岡駅からタクシーで15分