店舗詳細

ひでじビール

店舗紹介

豪快な笑顔で社員と地域をひっぱる永野社長と、そんな社長を支える社員達が、日本、そして世界へとおいしいビールを届けています

宮崎市内から車で、延岡の山奥へと進んでいくと辿り着く、ビール工場。

そこには、豪快な笑顔で社員と地域をひっぱる永野社長と、そんな社長を支える社員達が、日本、そして世界へとおいしいビールを届けています。

 

ビールの樽は地元の工房に作成を依頼、専門家に無理と言われながらも宮崎でのホップ作りにも果敢に取り組む。

地元を第一に、第一に、経営を行っているのが社長の話を聞くと一番にわかる。

“地域の力と心”のこもったビールは、濃厚な旨みに一口目で思わずうならせられます。

ひでじビールの創立は1996年。規制緩和により地ビールが解禁になった年でもあり、全国各地に地ビールが生まれていた頃に、ひでじビールも生まれました。

創業当社は当時の親会社の「一事業」として運営されていたひでじビールですが、地ビールブームの衰退や観光場所としては不便な工場の立地、また西洋と比べてまだまだ低い醸造技術への試行錯誤など、時代の変化やビール事業における課題にも頭を悩ませていました。

そんな中、当時の社長の決断により、ビール造りを一から見直し、各種の商品がコンテスト等でも受賞するようになり、製品の品質の安定や独自の味作りなど技術が発達していきます。

しかし、技術が向上し、これからの希望が見えてきた中、突然起きたビール事業部の廃止通告。

そんな苦境の中、当時ビール事業部の統括であった、なんとかできないか?と立ち上がったのが、現代表の永野社長でした。

「自分たちだけでビール事業をやる!」という決断をし、EBO(Employee Buy-Out)と呼ばれる従業員による会社の買収が行われます。

しかし、実際には従業員達に資金はなく、金融機関に融資を願うも門前払いの日々。そんな中支えてくれたのは地元銀行による融資でした。

現代表が以前より取り組んできた、地域貢献・地元応援の活動を見てくれていた地元の方々により、ひでじビールはまたクラフトビールの世界で活動することとなります。

そんな背景からもみられるように、現代表は地域への取り組みに常に力をいれて活動をしています。

そのおかげもあり、地域との関係性は強く、製品、そして原材料、製品を作る備品にも地域の力が活きています。

前述した地元の工房への樽の作成依頼もそのひとつ。一般的にはビール樽の多くは新潟の工場や、海外に発注されることが多いですが、社長は地元の工場でできないかと考え無理を承知で工場に頼み制作を依頼します。工場の試行錯誤もあり、できた製品の技術は他社からも見初められ、次はこれを作れないかと新たな制作の依頼が舞い込むようになりました。

ホップこの地で作れないものかとスタートした宮崎産のホップ作り。寒冷な環境が必須といわれる中、温暖な宮崎の気候に、専門家にさじをなげられてもめげずに取り組んだ先に、ホップの生産環境としての宮崎の新たな可能性を見出すことに成功しました。まだ生産量は少ないですが、宮崎産ホップの更なる成長を日々見つめています。

また日本ならではの、そして宮崎ならではのビールをという思いから、地域の食材を使った味のビール制作にも積極的に取り組んでいます。ひでじビールの代表作でもあり、イギリスで開催されたワールド・ビア・アワード2017にて、スタイル別世界一、そして最上位であるカテゴリー別世界一のダブル世界一を受賞した「栗黒」もそのひとつです。

ほかにも九州産マンゴーや柑橘系の日向夏、柚子、金柑、かぼすなど、九州の恵みを閉じ込めた、風味豊かなフレーバーのビールは、ひでじビールの代表的な商品達でもあります。

取り寄せて飲むビールも、もちろん味に間違いはないですが、現地の工房で飲むビールの味の濃さ、深さはぜんぜん違います。

ビールは新鮮さが大事なのだと、訪れて味わってこそわかる嬉しい驚きがあります。ぜひ、新鮮なビールに出会いに、工場へ行ってみませんか。

店舗情報

アクセス

  • 車利用

    宮崎空港から車で約1時間30分(東九州自動車道利用)
    東九州自動車道延岡ICから約20分 (最寄IC 舞野IC)

  • 公共交通機関利用

    JR延岡駅下車、タクシーで約30分(時間によっては路線バス有り)